唯一の樹の下で

Flash
Text
Images
Blog
Link
唯一の樹の下で > TEXT > 叫びを上げる。叫ぶ、堕ちる

<< 前へ │ メイン │ 次へ >>

arrow 叫びを上げる。叫ぶ、堕ちる
その翼は声をあげる。
空からひらひらと舞い降りながら、一雫の白を残す。
地に近づき、濁った太陽がその羽を照らす。
持ち主と同じように、黒く、濁る。

人に恋し、身を追われた天使は、
空を見上げ、もう戻る事の出来ないいつかを思う。

誰も許す事の出来ない刹那の咎は、
永遠にその身に罰を刻む。

金色の太陽と、花咲く何時かの故郷と、
黒い太陽と、荒野のみが広がる今。
それでも片翼を失った天使は、もがく、歩く。

その翼は声をあげる。
声にならない叫びをあげる。

ひとひらの雫と、
ひらひら舞い降りる黒と、
こうこうと照らす太陽だけが、
その叫びを聞いている。。
text用ライン
2002/06
【コメント】
モチーフはコレと同じだよね。
堕ちるとかいう漢字は好きです。

<<TOPへ戻る │ <<textTOPへ