唯一の樹の下で

Flash
Text
Images
Blog
Link

<< 前へ │ メイン │ 次へ >>

arrow 後悔
何故後悔というのは先に見えないのだろうか。

「後悔先に立たず」

「後の祭」

人間の情報認識のせい、
なんて逃げてる場合じゃない。

情報が骸内を通過し、
不快な残響を木霊させていく。

「さようなら。」

崩れ落ちる訳でもなく、
何か引きとめる言葉を吐き出すでもなく。
不意に口を突いた言葉。

「…そう。」

笑える。笑えてくる。
自分の甲斐性の無さに。

それが、後悔。

もう何度も思う。

何故無くした後に気付くのだろうか。

学習する事は出来ないのだろうか。

それも、また後悔なのだが…。
text用ライン
2001/10
【コメント】
別れってのは慣れないね。
振られた事ないけど。

<<TOPへ戻る │ <<textTOPへ