唯一の樹の下で

Flash
Text
Images
Blog
Link
唯一の樹の下で > TEXT > white,fall and smoke

<< 前へ │ メイン │ 次へ >>

arrow white,fall and smoke
静かに色は、蒼から白へ。
重さに堪えきれず落ちてきた雪。
見える限りを白く染めて、
俺はふと足を止める。

吐く息は限りなく白く、
タバコをつける手元だけが、
妖しく、赤く、染まる。

右手には花束、左手には銃を持って、
君に会いに行こう。
白く染まる街の中、
俺達だけの色を作ろう。

右胸には愛、左胸には殺意をしまい、
君に会いに行こう。
このタバコが消えたなら、
雪は俺を隠すだろう。

タバコを吸い終わると、
手を振りながら君が駆け寄る。

「さぁ、仕事だ・・・」俺は呟く。

静かに色は、白から赤に。
何かに弾かれ倒れ行く君。
見える限りが白く染まり、

何かがつと頬を伝う・・・。

「・・・これは、・・・仕事・・・だ・・・。」

涙がつと頬を伝う・・・。
text用ライン
2000/06
【コメント】
なにこの酷いストーリィ。

<<TOPへ戻る │ <<textTOPへ