唯一の樹の下で

Flash
Text
Images
Blog
Link

<< 前へ │ メイン │ 次へ >>

arrow NAME
いつからか、自分と いう存在が非常にあやふやになった。
若いころは感情にまかせてバカやってればよかったけど、
最近になってやっと、世の中の裏が見えてきた。
抗うすべも見つからず、ただ一つの流れの中。
まるで、自分が融けてしまうみたいで怖かった。
ただ、存在だけが欲しくて、証だけが欲しくて、
それが輝いて見えて、自分が見えなくなって・・・。

17になった今、何かを変えてやろうと思った。
例え自分が間違っていても・・・。
text用ライン
2000/06
【コメント】
ちょうど"17歳の凶行"が流行った時代に17でした。
今も変わらず17歳の凶行です。
ビバ・印象操作。

<<TOPへ戻る │ <<textTOPへ