空-kara-

重ねてみたのは昔の君と。
例えばそれが青臭い憧憬だとしても、余り僕には関係ない。
いつからあの時の笑顔を忘れただろう。

もしかしたら、僕が笑わなくなった時からかな。

曲:9インチの爪/儚さ(或いは脆さ)

<<TOPへ戻る │ <<作品indexへ