« まるまる1ヶ月書いてないわけですね。 | メイン | 無題、無害。 »

書き散らし下記チラシ

夕闇に僕は左手を掲げ、
宵闇に僕は右手を隠す。

衝動として持ちうる最大限の愚かな欲望を、
杳として行方はわからず解き放つ術も無い。

いざ、という時は既に消え去り、
ただ暖かい空虚 - 或いはむなしさ - だけが辺りを包む。

雪が降る。暑い夏。
長雨が空を包む。深い空。

一度は失ったはずの、安っぽい信頼だけがいつのまにか増大し、
もう失えない、何か重しのような威圧感で身体を包む。

躯。

首が伸び、やがて落つる。

情報の波に飲まれ、
いつぞやからデジタルの居場所は消え去り、
全ての足跡は偽装され、
廃墟とかした異常を捕らえられないまま落ちる。

くだらない冒険がまだ世界の全てだった頃。
繰り返す日常がまだ永遠の始まりだった頃。
いつまでもいつまでも繰り返す、綺麗な悪夢。
いつまでもいつまでも繰り返す、連鎖の科学。

いまはもう射出され、反射を求める術も無い。

ただひたすらに、虚空を彷徨うだけ。

夕闇に僕は星を見上げ、
宵闇に僕は愛を語る。

偽りの言葉で。
偽りの感情で。
偽りの笑顔で。
偽りの君に。

情動として持ちうる最大限の簡易な劣情を、
僕は偽りの言葉と感情と笑顔で、君に放った。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuiki.net/blog/mt-tb.cgi/222

コメント (1)

コメントを投稿

About

2007年10月01日 22:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まるまる1ヶ月書いてないわけですね。」です。

次の投稿は「無題、無害。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36